米国の地方裁判所、マーシャル諸島の訴え退ける

昨年4月、マーシャル諸島共和国は核保有9カ国が核軍縮義務を果たしていないとして国際司法裁判所(ICJ)に提訴しましたが、それと合わせて、米連邦地裁(カリフォルニア)でも米政府を相手取って訴訟を提起していました。2月3日、同地裁は、原告の請求を却下する判決を出しました。原告側は上訴の意向を示しています。

産経/共同
核軍縮の訴え退ける マーシャル諸島に米裁判所
2014.2.5
http://www.sankei.com/world/news/150205/wor1502050020-n1.html

続きを読む

広告