【9/23】核なき世界へ向けて-それって他人事?自分事?ー

9月26日は国連が定めた「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」です。
核兵器廃絶といっても、あまりに遠く大きな目標で、自分には何もできないと感じる人も多いのではないでしょうか。
現実には、広島・長崎の被爆者たちの運動によって、国連で2年前に核兵器禁止条約が採択されました。一方で核保有国の中には、これまでの核軍縮合意を破棄する動きが見られます。こうした核をめぐる世界の今の動きを知り、政府、NGO、学生たちの実際の活動について話を聞いて、自分にできることを考えてみませんか。

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント

核なき世界へ向けて
-それって他人事?自分事?-

日時:2019 年 9 月 23 日(月・祝)
13:30開場 14:00開始(17:00 終了予定)
場所:国連大学 2階レセプションホール
東京都渋谷区神宮前5-53-70 地図はこちら
主催:核兵器廃絶日本NGO連絡会
共催:国連広報センター
協力:ヒバクシャ国際署名連絡会
参加無料
事前申込:「お名前」「ふりがな」「ご所属・職業・学校など」を以下のメールアドレス <nuclear.abolition.japan◎gmail.com> までお送りください(◎を@に変えてください)。
問い合わせ先:03-3363-7561 ピースボート(担当:渡辺)
メール: <nuclear.abolition.japan◎gmail.com> (◎を@に変えてください)

プログラム:
14:00 開会
司会 川崎哲(核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人/ピースボート)
開会挨拶 大久保賢一(核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人/日本反核法律家協会)
茂木敏充外務大臣メッセージ (代読)久島直人(外務省軍縮不拡散・科学部長)

第1部 核なき世界へ向けての取り組み

佐藤桃子(国連広報センター広報官)
和田征子(日本原水爆被害者団体協議会)
久島直人(外務省軍縮不拡散・科学部長)

15:00~15:10休憩

第2部 パネルディスカッション「核兵器を自分事として考える」

モデレーター
安田菜津紀(フォトジャーナリスト)

パネリスト
林田光弘(「ヒバクシャ国際署名」キャンペーンリーダー)
久島直人(外務省軍縮不拡散・科学部長)
布川仁美(元高校生平和大使/ミュージカル「Signs!」に出演)
渡邉英徳(東京大学/「ヒロシマ・アーカイブ記憶の解凍」プロジェクト
和田征子(日本原水爆被害者団体協議会)

閉会のことば 朝長万左男(核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人/核兵器廃絶地球市民長崎集会)
17:00終了

 

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」に合わせさまざまなイベントが行われます

Sculpture depicting St. George slaying the dragon. The dragon is created from fragments of Soviet SS-20 and United States Pershing nuclear missiles. UN Photo/Milton Grant

9月26日は、国連が定めた「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」です。これに合わせて核兵器廃絶日本NGO連絡会では、9月24日に東京・お茶の水の明治大学で記念イベント「核なき世界に向けて 被爆国の役割を考える」を開催します。このほか、国内のさまざまなNGOが関連行事を行います。ニューヨーク国連本部では、国際デーを記念するイベントと、核兵器禁止条約の署名・批准式がそれぞれ行われます。

▼ニューヨーク国連本部

9月26日(水)
核兵器の全面的廃絶のための国際デー 記念イベント

各国の声明はこちらから

●17:00- 核兵器禁止条約署名・批准式

署名・批准式の結果はこちらから

▼日本国内

9月22日(土)
14:00~ (東京)日本青年館ホテル シンポジウム「核兵器は私たちの大切なものを守るのか?人道とジェンダーの視点から」主催:創価学会平和委員会

報道:創価学会公式サイト 2018.9.27 『核兵器廃絶国際デー』記念シンポジウムを開催

9月24日(月)
16:30~ (東京)明治大学駿河台キャンパス「核なき世界へ向けて 被爆国の役割を考える」主催:核兵器廃絶日本NGO連絡会、共催:国連広報センター、協力:明治大学法学部、ヒバクシャ国際署名連絡会

9月26日(水)
19:00~ (東京)大学生協杉並会館 大学生協九条の会第3回総会・記念講演会 「核兵器禁止条約で変わる世界~「今平和について語り合いましょう」共催:大学生協九条の会/全国大学生協連学生委員会/全国大学生協連事務局労働組合/生協労連大学生協東京地区統一労働組合

9月29日(土)
14:00~ (京都)清水寺(大講堂) シンポジウム「核の脅威削減にむけて:新たな潮流と市民社会の役割」共催:日本パグウォッシュ会議/世界宗教者平和会議日本委員会(WCRP)/明治学院大学国際平和研究所(PRIME)/長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)

報道:佼成新聞 2018.10.4 WCRP/RfP日本委などが開催する連続講座「核の脅威削減に向けて」 清水寺で最終回

▼ピースボート船上

9月26日という「なんでもない」日に核兵器を考える@船内企画(おりづるプロジェクトのブログ)

【9/23】核なき世界に向けて~転換点で考える @国連大学

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」(9月26日)を前に、9月23日(土)午後、以下のようなイベントを国連大学で開催します。是非お集まりください(要事前登録。詳細は以下をお読みください。)

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント

核なき世界に向けて~転換点で考える

開催趣旨
今年7月7日、国連で核兵器禁止条約が採択されました。国連加盟国の6割以上の賛同により核兵器が非人道兵器として法的に全面禁止されたことは歴史的なことであり、広島・長崎の被爆者らの訴えが実を結んだものといえます。9月20日には国連総会でこの条約への署名が始まります。核の時代は大きな転換点を迎えました。
しかし核保有国はこの動きに背を背けており、日本政府もこの条約には参加しないと表明しています。一方で北朝鮮による核・ミサイル開発は東アジアに深刻な緊張をもたらし、米国とロシアの関係悪化など、核をめぐる危険な動きが世界で絶えません
こうした中、各国政府や国連には何が求められているのでしょうか。また、日本の市民一人一人には何ができるでしょうか。国連が定める「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」(9月26日)を前に考えます。

日時
2017年9月23日(土)
13:30開場
14:00~17:00

場所
国連大学
2階レセプションホール
https://www.env.go.jp/press/files/jp/23714.pdf

渋谷駅から徒歩10分、地下鉄表参道駅出口B2から徒歩5分
東京都渋谷区神宮前5-53-70

主催
核兵器廃絶日本NGO連絡会
共催
国連広報センター
協力
ヒバクシャ国際署名連絡会

参加の仕方
事前登録が必要です。9月20日(水)18時までnuclear.abolition.japan@gmail.com宛に氏名とご所属をメールしてください。
入場無料。

プログラム
◆開会挨拶
◆基調講演
野中ともよ(NPOガイア・イニシアティブ代表)
「いのちに勝る正義なし」
◆報告
阿部信泰(元国連事務次長(軍縮担当)、内閣府原子力委員会委員)
「核兵器をめぐる世界情勢(仮)」
◆パネルディスカッション
「核兵器のない世界を実現するには」
パネリスト
川崎方啓(外務省 軍縮不拡散科学部 審議官)
和田征子(日本原水爆被害者団体協議会事務局次長)
鈴木慧南(学生、元ユース非核特使)
コメンテーター
堀潤(ジャーナリスト、元NHKアナウンサー)
司会
根本かおる(国連広報センター所長)
◆閉会挨拶

問い合わせ
核兵器廃絶日本NGO連絡会(メールはこちら

【5/16】「核兵器禁止条約」交渉会議 報告会 & 解説 “核兵器廃絶”への歩み

5月16日(火)午後6時から弁護士館(5階508ABC)で、核兵器禁止条約交渉議の報告の&解説の会を実施します。核兵器廃絶日本NGO連絡会とヒバクシャ国際署名連絡の共催という形です。詳細は以下のチラシの通りで、事前申し込みをお願いしています(こちらから)。Facebookページはこちら


日印原子力協定 国会承認 反対キャンペーン

核武装国・インドへの原発輸出に道を開く「日印原子力協定」 。昨年11月の日本・インド両政府による署名に続き、衆議院で承認案を審議中です。
2度も核実験を強行し、核不拡散に背を向けるインドに、福島事故の収束もできない日本が原発を輸出するなど、もってのほかです。
インドの人びとは抗議の声を上げ続けています。今こそ政府・国会に「承認・批准反対」の声をあげていきましょう。

=====
5/12(金)日印原子力協定の否決・廃案を求める国会行動
====

続きを読む

核兵器廃絶国際デー記念イベント-変化する今、できること-

核兵器廃絶日本NGO連絡会では、来る9月25日(日)午後、国連広報センターとの共催の下、日本の国連加盟60周年と核兵器廃絶国際デーを記念する以下の行事を行います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。(9月20日(火)までに事前登録をお願いします

SN3O0925

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【9/25】 日本の国連加盟60周年(2016年)記念事業

核兵器廃絶国際デー記念イベント - 変化する今、できること-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年9月26日に国連総会で、「核軍縮ハイレベル会合」が初めて開催されたことにちなんで、国連は9月26日を「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」と定めました。日本の国連加盟60周年の今年、その国際デーを記念し核兵器問題に対する社会的な関心を高める機会を提供するために、昨年に引き続き国連広報センターとの共催にて開催します。

ゲストによる基調講演、岸田文雄外務大臣のメッセージに続き、政府や市民、被爆者、若者などさまざまなアクターがそれぞれの役割を示しながら対話を深めるパネル討論を行います。核兵器の廃絶による真のメリットと、核兵器の保有を続ける社会的・ 経済的コストについても考えます。イベントの詳細と事前申し込み方法は、下記の通りです。会場の都合上、事前申し込みが必須となります。

お申し込みURL >http://kokucheese.com/event/index/424785/
9月20日(火)までに事前登録をお願いします

日 時:2016年9月25日(日)午後2-4時30分
(開場午後1時30分)
会 場:国連大学ビル 2階レセプションホール
地図・住所はこちら http://jp.unu.edu/about/contact-us#location
渋谷駅から徒歩10分、表参道駅から徒歩5分
主 催:核兵器廃絶日本NGO連絡会
共 催:国連広報センター
参加費:無料

当日会場では、核兵器のない世界への希望を描く「国連平和ポスター・コンテスト」の入賞作を掲示しています。

unposter(Artist: Kumi Nakazato)

続きを読む

【5/24東京】オバマ大統領広島訪問に向けたNGO共同記者会見

hiroshima-photo-620x310

核兵器廃絶日本NGO連絡会は、オバマ大統領の広島訪問を前に、以下の通り共同記者下会見を行います。

この記者会見では、オバマ大統領の広島訪問に関連して、「核兵器のない世界」の実現に向けた米国政府や日本政府の課題について、日本のNGO・市民社会の視点から問題提起をします。

オバマ大統領広島訪問に向けたNGO共同記者会見

日時
2016年5月24日(火)14:00~

場所
参議院議員会館 地下1階 B101会議室
(13:45~、1階ロビーにて入館証を配布します)
続きを読む

【3/25】 ドイツの反核法律家との交流会

本日(3月25日)16時より、東京・四谷三丁目の日本反核法律家協会の事務所にて、ドイツの反核法律家ライナー・ブラウン、ルーカス・ウィルル両氏との交流会が開催されますので、ご案内します。詳細は以下の同協会の案内文の通りです。

各位
日本反核法律家協会
会  長  佐々木猛也
事務局長  大久保賢一

ライナー・ブラウン氏・ルーカス・ウィルル氏
(ドイツ反核法律家)との交流のご案内

来る3月25日、ドイツ反核法律家協会のライナー・ブラウン氏とルーカス・ウィルル氏が、日本科学者会議創立50周年記念行事・国際シンポジウム「移行:原子力から再生可能エネルギーへ」(日本科学者会議主催・INES共催 3月27日~同29日、横浜国立大学・教育文化ホール)にパネリストとして招聘され、来日されます。この機会に、ぜひ日本の反核法律家とも交流を深めたいとのお二方のご意向を受け、下記のとおり交流の場を設けました。

続きを読む

【10/29】セミナー「NPT再検討会議と六ヶ所再処理工場」

来る10月29日(水)、核兵器廃絶日本NGO連絡会は「NPT再検討会議と六ヶ所再処理工場」と題するセミナーを以下の通り開催します。チラシはこちら。事前登録をお願いしております。詳細は下記をご覧ください。

rokkasho_jnfl

NPT再検討会議と六ヶ所再処理工場

再処理に固執する唯一の非核兵器国日本
核兵器 5500発分以上のプルトニウムを保有

日時 10月29日(水)18:30~20:00
場所 渋谷商工会館5階第1会議室
渋谷駅から5分(渋谷1-12-5電話:03-3406-7641)地図はこちら
主催 核兵器廃絶日本NGO連絡会

続きを読む