討論会「被爆75年、核兵器廃絶へ日本はいま何をすべきか」

被爆75年となる広島原爆の日の前日である8月5日(水)、核兵器廃絶日本NGO連絡会は、日本の与野党の国会議員を集めて「核兵器廃絶へ日本はいま何をすべきか」をテーマに討論会を行います。国連事務次長の中満泉軍縮担当上級代表、日本政府からは尾身朝子外務大臣政務官、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)からはベアトリス・フィン事務局長が参加し、与野党から党首レベルを多く含む国会議員の代表者が参加します。被爆者として田中煕巳日本被団協代表委員が発言し、全体の司会を川崎哲ICAN国際委員がつとめます。(田中、川崎は主催であるNGO連絡会の共同世話人。)概要は以下の通りです。(※メディアの事前登録は7月31日をもって締め切りました。)

討論会「被爆75年、核兵器廃絶へ日本はいま何をすべきか」

趣旨
広島・長崎への原爆投下から75年となる8月6日・9日を前に、核兵器廃絶へ日本はいま何をすべきか、その政策について討論する。
来年へ延期された核不拡散条約(NPT)再検討会議への対応、核兵器禁止条約の署名・批准に向けた条件、核兵器をめぐる東アジアの地域情勢、被爆体験の継承のあり方などを主たる議題とする。

日時
2020年8月5日(水)16:30 – 18:00

配信形式
広島市内の会場からYouTubeでのライブ配信。一般公開、無料。
※会場には一般聴講席はありません。会場での聴講はできません。
※メディアの方で取材ご希望の方はこのご案内の末尾をご覧ください。
YouTubeでの配信はこちらから:


プログラム

第一部 [現状と課題](16:30~16:50 約20分)
発言(1) 中満泉 国連事務次長・軍縮担当上級代表
発言(2) 尾身朝子 外務大臣政務官☆
発言(3) ベアトリス・フィン ICAN事務局長☆ (通訳付)

第二部 [各政党の立場と取り組み/国会議員より](16:50~17:40 約50分)
(発言順)
公明党 代表 山口那津男 参議院議員
自民党 被爆者救済と核兵器廃絶推進議員連盟事務局長 平口洋 衆議院議員
立憲民主党 代表 枝野幸男 衆議院議員
国民民主党 代表 玉木雄一郎 衆議院議員
日本維新の会 国会議員団幹事長代理 足立康史 衆議院議員
日本共産党 委員長 志位和夫 衆議院議員
社民党 党首 福島みずほ 参議院議員
れいわ新選組 舩後靖彦 参議院議員☆
無所属 岡田克也 衆議院議員

第三部 [討論とまとめ](17:40~18:00 約20分)
日本原水爆被害者団体協議会 代表委員 田中煕巳
第一部発言者3名(中満、尾身、フィン)より
第二部発言者より(国会議員各党1人一言ずつまとめ)

司会
川崎哲 核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人/ICAN国際運営委員/ピースボート共同代表

注: 上記のうち☆印のある参加者は広島の外からオンラインで参加し、それ以外の参加者は広島市内の会場にて参加する予定です。

主催
核兵器廃絶日本NGO連絡会
メール nuclear.abolition.japan (a) gmail.com

※核兵器廃絶日本NGO連絡会は8月5日、「被爆75年にあたり、核兵器廃絶への行動を呼びかけます」と題する声明を発表しました(こちら)。日本の国会議員と政府、世界のすべての国の政府と人々に対して行動を呼びかけています。この共同声明は、本討論会に参加する国会議員らへも配布されます。

備考
この討論会は、2018年1月16日に衆議院第一議員会館にて行われた討論会「核兵器禁止条約と日本の役割」(主催:核兵器廃絶日本NGO連絡会)の議論を引き継ぐものです。この討論会は、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)への2017年ノーベル平和賞授賞式の直後に行われ、佐藤正久外務副大臣、ベアトリス・フィンICAN事務局長、そして与野党すべての政党の代表者が参加し、核兵器禁止条約への日本の対応のあり方について議論しました。

メディアの皆さまへ(以下をお読みください)

続きを読む

被爆75年、広島・長崎「原爆の日」とその前後の主要な行事一覧

被爆75年の広島・長崎「原爆の日」(2020年8月6日、9日)とその前後に行われる核兵器廃絶に関する主たる行事についてまとめました。これは、核兵器廃絶に向けて活動している非政府組織(NGO)の活動を中心に、関連する公的機関・報道機関等によって行われる行事やテレビ番組も含めたものです。核兵器廃絶日本NGO連絡会が把握できる範囲でまとめ随時更新していますが、各行事の詳細について知りたい方は必ず各主催者に確認をとってください。各行事の開催時間また内容の変更などについて、当連絡会は責任を負いません。お気づきの点は核兵器廃絶日本NGO連絡会までご連絡ください。

2020年

8月6日(木)
7:00~8:50 広島平和記念式典
リンク https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/atomicbomb-peace/175816.html
https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/atomicbomb-peace/176758.html

7:30~ 翌日7:30まで 平和と美術と音楽と
主催 PeaceArtProject in ひろしま実行委員会
リンク https://peaceartmusic.com

10:00~12:30 原水禁2020年世界大会(原水協)(オンライン)
リンク http://www.antiatom.org/intro_activity/world_conference.html
申し込み https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd0KKOkgPPxJBPV5bekgjFwuLrmiS8qzSJv94RWcjSZpL7vLg/viewform

13:00~, 14:00~ 被爆75周年原水爆禁止世界大会(原水禁)(オンライン)
リンク http://gensuikin.peace-forum.com/2020/07/17/gensuikinonline0717program/

13:30~15:30(予定)国際平和のための対話イベント「UN75 in Hiroshima」~「SDGsの実現のために軍縮がどう貢献できるか」~
主催 広島県
リンク https://hiroshimaforpeace.com/un75/

15:30~17:30 8・6国際対話集会 反核の夕べ 2020 ”迫る核危機を乗り越えるためにヒロシマは何をなすべきか”
主催 核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
場所 広島県弁護士会館 3階ホール(先着100人)
リンク https://www.e-hanwa.org/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/2020/619

18:00~19:00 「原爆投下と国連創設から75年―コロナ禍の今、核なき世界をどう実現していくのか」
主催 国連ユニタール広島事務所、国連ユニタール協会
リンク https://www.facebook.com/UNITAR.Hiroshima/posts/3687394294622432

19:00~ 2020年度核兵器と安全保障を学ぶ広島-ICANアカデミー ウェビナー(一般公開、英語)
主催 広島県、ICAN
リンク https://hiroshimaforpeace.com/icanacademy2020/

19:30~ WOWOW放送「ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに」
リンク https://www.wowow.co.jp/detail/117123

20:00~21:30 Choose Life Project 「生まれる前から被爆者だった」。いま後世にのこしたメッセージ
リンク https://twitter.com/ChooselifePj/status/1290893221954904066

8月7日(金)
9:30~10:30, 11:00~12:00, 13:30~14:30, 15:00~16:00 2020ピースアクションinヒロシマ・ナガサキ(オンライン)
主催 日本生協連
リンク https://peace.jccu.coop

8月8日(土)
10:00~18:20 2020世界平和経済人会議ひろしま COVID-19との闘いを踏まえた「積極的平和」と「SDGs」(オンライン)
主催 広島県
リンク https://hiroshimaforpeace.com/2020hbfgp/

13:30~16:00 2020ピースアクションinヒロシマ・ナガサキ(オンライン)
主催 日本生協連
リンク https://peace.jccu.coop

23:00~24:00 NHK Eテレ放送「ETV特集 “焼き場に立つ少年”をさがして」
リンク https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=200&date=2020-08-08&ch=31&eid=34909&f=20

8月9日(日)
10:00~12:30 原水禁2020年世界大会(原水協)(オンライン)
リンク http://www.antiatom.org/intro_activity/world_conference.html
申し込み https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd0KKOkgPPxJBPV5bekgjFwuLrmiS8qzSJv94RWcjSZpL7vLg/viewform

10:30~11:45 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典
リンク https://www.city.nagasaki.lg.jp/heiwa/3020000/3020300/p034707.html

13:00~ 被爆75周年原水爆禁止世界大会(原水禁)(オンライン)
リンク http://gensuikin.peace-forum.com/2020/07/17/gensuikinonline0717program/

14:00~ 被爆75周年原水爆禁止世界大会(原水禁)高校生シンポジウム(オンライン)
リンク http://gensuikin.peace-forum.com/2020/07/17/gensuikinonline0717program/

18:00~20:00 核兵器が存在することは人類にとって何を意味するのか ~コロナ危機の最中に考える(オンライン)
主催 長崎県、長崎市、赤十字国際委員会(ICRC)
リンク http://jp.icrc.org/event/nagasaki-event-jpn/?fbclid=IwAR1KP6b7efNNoNlYu27yp-52AD2CaHjeegwa_2VqmCBFY6CTMuppYo701IY

8月10日(月・休)

8月11日(火)

8月12日(水)
13:00~ 被爆75周年原水爆禁止世界大会(原水禁)福島大会(オンライン)
リンク http://gensuikin.peace-forum.com/2020/07/17/gensuikinonline0717program/

8月13日(木)
22:00~ NHK総合「あちこちのすずさん」
リンク https://www.nhk.or.jp/special/suzusan/

8月15日(土)
18:00~19:30 NHK BSプレミアム・BS4K 「Akiko’s Piano 被爆したピアノが奏でる和音(おと)」
リンク https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=24230

参考リンク
ヒバクシャ国際署名連絡会呼びかけ Peace Wave 2020イベント一覧
https://hibakusha-appeal.net/news/peacewave2020_event/

日本原水協呼びかけ 「平和の波」(2020.8.6~8.9)
http://www.antiatom.org/intro_activity/2020heiwanonami.html

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)
被爆75年特設サイト https://rise.icanw.org/
世界のイベント一覧 https://www.icanw.org/events

以下、終了した行事一覧:

続きを読む

「大使館応援ツアー 2020」オンライン報告会を行います


3月後半、核兵器廃絶日本NGO連絡会は、
核兵器禁止条約への批准を求め、被爆者や若者が在京大使館を訪問する取り組みを行いました。最終的に7か国の訪問が実現しました。(訪問順に、インドネシア、モンゴル、アルジェリア、ザンビア、ジンバブエ、コモロ連合、東ティモール。)

 

このツアーには有志メンバーとして、約10人の高校生・大学生が加わっていました。彼らが、面会した大使らとどのような対話をし、何を学んだのか。そして、その経験を通して、核兵器禁止条約の早期発効と、核兵器のない世界の実現のために、今何ができるのか。それをみなさんに共有するため、ツアー報告会をオンラインで開催します!

参加された被爆者のみなさんにも、感想をお話しいただきます。

なお、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の川崎哲国際運営委員にも登壇いただきます。*このイベントは、どなたでもご参加可能です。


オンライン報告会概要
日時:4月27日(月) 17:00~19:00
方法:オンライン(zoom使用)*PC・スマホなどにzoomアプリのダウンロードをお願いします。
主催:遠藤あかり、高橋悠太(連絡会事務局スタッフ)
協力:核兵器廃絶日本NGO連絡会
お問い合わせ:nuclear.abolition.japan@gmail.com
         090-6577-4119(高橋携帯)

こちらから、前日までに事前申し込みをお願いします。(イベント開始までに、zoomの参加用URLをお送りします)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe-3DNYlOo1Kb9Wn9ROxl5HHCiBdxHyWdV-Dk9Cgz99O3VN9w/viewform

報告者プロフィール
〇遠藤あかり
明治大学法学部4年
核兵器廃絶日本NGO連絡会 事務局スタッフ

〇高橋悠太
慶応義塾大学法学部2年
核兵器廃絶日本NGO連絡会 事務局スタッフ / 「カクワカ広島」共同代表

〇その他、ツアーに関わった高校生・大学生

〇一緒に訪問した被爆者のみなさん

〇川崎哲
核兵器廃絶日本NGO連絡会 共同世話人
ピースボート共同代表 / ICAN国際運営委員


大使館応援ツアー2020 ~めざせ核兵器禁止条約発効~とは
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/03/01/embassy_visit_2020_tpnw/
*各国の訪問レポートも上記ページからご覧いただけます。


核兵器禁止条約の現状
核兵器禁止条約の発効には50カ国の批准が必要ですが、4月9日現在で36カ国が批准を済ませ、あと14カ国というところまで来ました。(先月20日にナミビア共和国が36カ国目の批准国となりました。)

【9/23】核なき世界へ向けて-それって他人事?自分事?ー

9月26日は国連が定めた「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」です。
核兵器廃絶といっても、あまりに遠く大きな目標で、自分には何もできないと感じる人も多いのではないでしょうか。
現実には、広島・長崎の被爆者たちの運動によって、国連で2年前に核兵器禁止条約が採択されました。一方で核保有国の中には、これまでの核軍縮合意を破棄する動きが見られます。こうした核をめぐる世界の今の動きを知り、政府、NGO、学生たちの実際の活動について話を聞いて、自分にできることを考えてみませんか。

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント

核なき世界へ向けて
-それって他人事?自分事?-

日時:2019 年 9 月 23 日(月・祝)
13:30開場 14:00開始(17:00 終了予定)
場所:国連大学 2階レセプションホール
東京都渋谷区神宮前5-53-70 地図はこちら
主催:核兵器廃絶日本NGO連絡会
共催:国連広報センター
協力:ヒバクシャ国際署名連絡会
参加無料
事前申込:「お名前」「ふりがな」「ご所属・職業・学校など」を以下のメールアドレス <nuclear.abolition.japan◎gmail.com> までお送りください(◎を@に変えてください)。
問い合わせ先:03-3363-7561 ピースボート(担当:渡辺)
メール: <nuclear.abolition.japan◎gmail.com> (◎を@に変えてください)

プログラム:
14:00 開会
司会 川崎哲(核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人/ピースボート)
開会挨拶 大久保賢一(核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人/日本反核法律家協会)
茂木敏充外務大臣メッセージ (代読)久島直人(外務省軍縮不拡散・科学部長)

第1部 核なき世界へ向けての取り組み

佐藤桃子(国連広報センター広報官)
和田征子(日本原水爆被害者団体協議会)
久島直人(外務省軍縮不拡散・科学部長)

15:00~15:10休憩

第2部 パネルディスカッション「核兵器を自分事として考える」

モデレーター
安田菜津紀(フォトジャーナリスト)

パネリスト
林田光弘(「ヒバクシャ国際署名」キャンペーンリーダー)
久島直人(外務省軍縮不拡散・科学部長)
布川仁美(元高校生平和大使/ミュージカル「Signs!」に出演)
渡邉英徳(東京大学/「ヒロシマ・アーカイブ記憶の解凍」プロジェクト
和田征子(日本原水爆被害者団体協議会)

閉会のことば 朝長万左男(核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人/核兵器廃絶地球市民長崎集会)
17:00終了

 

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」に合わせさまざまなイベントが行われます

Sculpture depicting St. George slaying the dragon. The dragon is created from fragments of Soviet SS-20 and United States Pershing nuclear missiles. UN Photo/Milton Grant

9月26日は、国連が定めた「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」です。これに合わせて核兵器廃絶日本NGO連絡会では、9月24日に東京・お茶の水の明治大学で記念イベント「核なき世界に向けて 被爆国の役割を考える」を開催します。このほか、国内のさまざまなNGOが関連行事を行います。ニューヨーク国連本部では、国際デーを記念するイベントと、核兵器禁止条約の署名・批准式がそれぞれ行われます。

▼ニューヨーク国連本部

9月26日(水)
核兵器の全面的廃絶のための国際デー 記念イベント

各国の声明はこちらから

●17:00- 核兵器禁止条約署名・批准式

署名・批准式の結果はこちらから

▼日本国内

9月22日(土)
14:00~ (東京)日本青年館ホテル シンポジウム「核兵器は私たちの大切なものを守るのか?人道とジェンダーの視点から」主催:創価学会平和委員会

報道:創価学会公式サイト 2018.9.27 『核兵器廃絶国際デー』記念シンポジウムを開催

9月24日(月)
16:30~ (東京)明治大学駿河台キャンパス「核なき世界へ向けて 被爆国の役割を考える」主催:核兵器廃絶日本NGO連絡会、共催:国連広報センター、協力:明治大学法学部、ヒバクシャ国際署名連絡会

9月26日(水)
19:00~ (東京)大学生協杉並会館 大学生協九条の会第3回総会・記念講演会 「核兵器禁止条約で変わる世界~「今平和について語り合いましょう」共催:大学生協九条の会/全国大学生協連学生委員会/全国大学生協連事務局労働組合/生協労連大学生協東京地区統一労働組合

9月29日(土)
14:00~ (京都)清水寺(大講堂) シンポジウム「核の脅威削減にむけて:新たな潮流と市民社会の役割」共催:日本パグウォッシュ会議/世界宗教者平和会議日本委員会(WCRP)/明治学院大学国際平和研究所(PRIME)/長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)

報道:佼成新聞 2018.10.4 WCRP/RfP日本委などが開催する連続講座「核の脅威削減に向けて」 清水寺で最終回

▼ピースボート船上

9月26日という「なんでもない」日に核兵器を考える@船内企画(おりづるプロジェクトのブログ)

【9/23】核なき世界に向けて~転換点で考える @国連大学

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」(9月26日)を前に、9月23日(土)午後、以下のようなイベントを国連大学で開催します。是非お集まりください(要事前登録。詳細は以下をお読みください。)

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント

核なき世界に向けて~転換点で考える

開催趣旨
今年7月7日、国連で核兵器禁止条約が採択されました。国連加盟国の6割以上の賛同により核兵器が非人道兵器として法的に全面禁止されたことは歴史的なことであり、広島・長崎の被爆者らの訴えが実を結んだものといえます。9月20日には国連総会でこの条約への署名が始まります。核の時代は大きな転換点を迎えました。
しかし核保有国はこの動きに背を背けており、日本政府もこの条約には参加しないと表明しています。一方で北朝鮮による核・ミサイル開発は東アジアに深刻な緊張をもたらし、米国とロシアの関係悪化など、核をめぐる危険な動きが世界で絶えません
こうした中、各国政府や国連には何が求められているのでしょうか。また、日本の市民一人一人には何ができるでしょうか。国連が定める「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」(9月26日)を前に考えます。

日時
2017年9月23日(土)
13:30開場
14:00~17:00

場所
国連大学
2階レセプションホール
https://www.env.go.jp/press/files/jp/23714.pdf

渋谷駅から徒歩10分、地下鉄表参道駅出口B2から徒歩5分
東京都渋谷区神宮前5-53-70

主催
核兵器廃絶日本NGO連絡会
共催
国連広報センター
協力
ヒバクシャ国際署名連絡会

参加の仕方
事前登録が必要です。9月20日(水)18時までnuclear.abolition.japan@gmail.com宛に氏名とご所属をメールしてください。
入場無料。

プログラム
◆開会挨拶
◆基調講演
野中ともよ(NPOガイア・イニシアティブ代表)
「いのちに勝る正義なし」
◆報告
阿部信泰(元国連事務次長(軍縮担当)、内閣府原子力委員会委員)
「核兵器をめぐる世界情勢(仮)」
◆パネルディスカッション
「核兵器のない世界を実現するには」
パネリスト
川崎方啓(外務省 軍縮不拡散科学部 審議官)
和田征子(日本原水爆被害者団体協議会事務局次長)
鈴木慧南(学生、元ユース非核特使)
コメンテーター
堀潤(ジャーナリスト、元NHKアナウンサー)
司会
根本かおる(国連広報センター所長)
◆閉会挨拶

問い合わせ
核兵器廃絶日本NGO連絡会(メールはこちら

【5/16】「核兵器禁止条約」交渉会議 報告会 & 解説 “核兵器廃絶”への歩み

5月16日(火)午後6時から弁護士館(5階508ABC)で、核兵器禁止条約交渉議の報告の&解説の会を実施します。核兵器廃絶日本NGO連絡会とヒバクシャ国際署名連絡の共催という形です。詳細は以下のチラシの通りで、事前申し込みをお願いしています(こちらから)。Facebookページはこちら


日印原子力協定 国会承認 反対キャンペーン

核武装国・インドへの原発輸出に道を開く「日印原子力協定」 。昨年11月の日本・インド両政府による署名に続き、衆議院で承認案を審議中です。
2度も核実験を強行し、核不拡散に背を向けるインドに、福島事故の収束もできない日本が原発を輸出するなど、もってのほかです。
インドの人びとは抗議の声を上げ続けています。今こそ政府・国会に「承認・批准反対」の声をあげていきましょう。

=====
5/12(金)日印原子力協定の否決・廃案を求める国会行動
====

続きを読む

核兵器廃絶国際デー記念イベント-変化する今、できること-

核兵器廃絶日本NGO連絡会では、来る9月25日(日)午後、国連広報センターとの共催の下、日本の国連加盟60周年と核兵器廃絶国際デーを記念する以下の行事を行います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。(9月20日(火)までに事前登録をお願いします

SN3O0925

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【9/25】 日本の国連加盟60周年(2016年)記念事業

核兵器廃絶国際デー記念イベント - 変化する今、できること-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年9月26日に国連総会で、「核軍縮ハイレベル会合」が初めて開催されたことにちなんで、国連は9月26日を「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」と定めました。日本の国連加盟60周年の今年、その国際デーを記念し核兵器問題に対する社会的な関心を高める機会を提供するために、昨年に引き続き国連広報センターとの共催にて開催します。

ゲストによる基調講演、岸田文雄外務大臣のメッセージに続き、政府や市民、被爆者、若者などさまざまなアクターがそれぞれの役割を示しながら対話を深めるパネル討論を行います。核兵器の廃絶による真のメリットと、核兵器の保有を続ける社会的・ 経済的コストについても考えます。イベントの詳細と事前申し込み方法は、下記の通りです。会場の都合上、事前申し込みが必須となります。

お申し込みURL >http://kokucheese.com/event/index/424785/
9月20日(火)までに事前登録をお願いします

日 時:2016年9月25日(日)午後2-4時30分
(開場午後1時30分)
会 場:国連大学ビル 2階レセプションホール
地図・住所はこちら http://jp.unu.edu/about/contact-us#location
渋谷駅から徒歩10分、表参道駅から徒歩5分
主 催:核兵器廃絶日本NGO連絡会
共 催:国連広報センター
参加費:無料

当日会場では、核兵器のない世界への希望を描く「国連平和ポスター・コンテスト」の入賞作を掲示しています。

unposter(Artist: Kumi Nakazato)

続きを読む

【5/24東京】オバマ大統領広島訪問に向けたNGO共同記者会見

hiroshima-photo-620x310

核兵器廃絶日本NGO連絡会は、オバマ大統領の広島訪問を前に、以下の通り共同記者下会見を行います。

この記者会見では、オバマ大統領の広島訪問に関連して、「核兵器のない世界」の実現に向けた米国政府や日本政府の課題について、日本のNGO・市民社会の視点から問題提起をします。

オバマ大統領広島訪問に向けたNGO共同記者会見

日時
2016年5月24日(火)14:00~

場所
参議院議員会館 地下1階 B101会議室
(13:45~、1階ロビーにて入館証を配布します)
続きを読む