【8/5】討論会「核兵器のない世界に向けた日本の役割」

広島への原爆投下から77年目となる8月6日を前に、核兵器の非人道性を改めて想起すると共に、核兵器のない世界に向けた今日の課題を明らかにし、日本が果たすべき役割について議論します。各政党代表、有識者、被爆者の方々に参加していただき、以下の3つの課題に焦点を当てて、討論会を開催しました。
1,核兵器禁止条約――第1回締約国会議の成果と第2回会議(2023年11月)への課題
2,核不拡散条約(NPT)再検討会議――8月に開催中の会議における日本の役割
3,G7広島サミット(2023年5月)――サミット開催を核兵器廃絶につなげるために

★開催レポートはこちら

◆開催:2022年8月5日(金)
当日に広島市内で行われた討論会(無観客)を収録した動画を、このホームページにて公開しています。(リンク> https://youtu.be/UI13pV1XsiI/開催レポートはこちら

◆プログラム:
司会:渡部朋子(核兵器廃絶日本NGO連絡会幹事/ANT-Hiroshima理事長)
・司会から開会挨拶・趣旨説明(3分)
・有識者の発言(10分)
  藤原帰一(東京大学名誉教授/「ひろしまラウンドテーブル」議長)
・被爆者の発言(7分)
  長岡義夫(原爆小頭症被爆者と家族の会(「きのこ会」)会長)
  川下ヒロエ(原爆小頭症被爆者)
・各政党から基本姿勢の表明(各2分。8名)
  自由民主党:国防部会長・宮澤博行 衆議院議員
  公明党:代表・山口那津男 参議院議員
  立憲民主党:代表・泉健太 衆議院議員
  日本維新の会:幹事長・藤田文武 衆議院議員
  日本共産党:委員長・志位和夫 衆議院議員
  国民民主党:代表・玉木雄一郎 衆議院議員
  れいわ新選組:櫛渕万里 衆議院議員
  社民党:党首・福島瑞穂 参議院委員
・討論(15分)
  国会議員間の討論
  コメント
   藤原帰一
   田中美穂(カクワカ広島(核政策を知りたい広島若者有権者の会)共同代表)
・閉会挨拶(3分)
  足立修一(核兵器廃絶日本NGO連絡会共同代表/核兵器廃絶をめざすヒロシマの会代表)

◆主催・連絡先:
核兵器廃絶日本NGO連絡会 <nuclear.abolition.japan (a) gmail.com>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中