《緊急開催》 核兵器禁止条約発効まで残り2か月! 「核兵器廃絶国際デー」シンポジウム報告会

9月26日、「核兵器廃絶国際デー」のこの日、オンラインシンポジウムを開催しました。

企画は、「首都圏の大学生」約15人が主体となって運営。新しい形での開催であったこと、そして核兵器禁止条約が発効が間近であったということで、多くの反響をいただきました。

では、「首都圏の大学生」とはどんな人たちなのか、そして、どんな思いを持って参加していたのでしょうか?核兵器禁止条約発効まで残り2か月!私たちの思いを共有するための実施報告会を緊急開催します!

さらに、今回のシンポジウムは「私たち自身が動き出す新たなきっかけ」にもなりました。シンポジウム後、東京を中心に生まれた数多くの若手の動きも一挙に発信します!

最後に、運営しながら抱いた感想を共有することで、核問題に興味がある方や、核兵器廃絶に向けて何かアクションを起こしたい方が一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

概要
日程:11月21日(土)19:00~21:00
主催:シンポジウム企画委員
協力:核兵器廃絶日本NGO連絡会
形態:オンライン(zoom)
内容:第1部、第2部それぞれのセクションごとに取り組みと感想の共有など。

オンラインシンポジウム「想像から創造へ~被爆75年と私たちの未来(あした)~」とは

被爆75年の今年、首都圏の学生が中心となって企画し、核兵器の全面的廃絶のための国際デーに合わせて開催されたオンラインシンポジウムです。https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/09/16/9-26event/