大使館応援ツアー2020レポート:東ティモール大使館(7ヵ国目)

3月27日午後、東京都千代田区にある駐日東ティモール民主共和国大使館を、大学生など4名で訪問いたしました(新型コロナウィルスの感染拡大により、被爆者の方には大事をとってご遠慮いただきました)。

東ティモールは、国土全体が南半球に位置するアジアで唯一の国であり、2002年にインドネシアから独立しました。核兵器禁止条約の交渉会議に参加し、採択に賛成しました。翌年(2018年)の核兵器廃絶国際デー(9月26日)の日に署名しましたが、まだ批准はしていません。

迎えて下さったのは、着任したばかりのイリディオ・シメネス・ダ・コスタ(ILIDIO Ximenes da Costa)大使です。まず、長崎出身の中村涼香さん(上智大学)が被爆者である祖母のことを語りました。また、被爆者の方々の苦しみが一人一人異なるものであり、だからこそ、それぞれの悲しみや抱えてきた痛みを丁寧に次世代に共有していきたいと決意を述べました。そのうえで、核兵器禁止条約は被爆者にとって大きな光であり、一刻も早く発効するために東ティモールにも批准してほしいと要請しました。これに対して、大使は「批准には時間がかかるだろうが、今日のことを本国の政府に伝え、プッシュすることを約束する」とお話下さいました。

また、私からは、先月参加した「ICANパリフォーラム」など、核兵器廃絶のために行っている活動を紹介しました。大使は非常に関心を寄せ、幼い頃に戦争でお父様を亡くされた経験を語られ、「広島・長崎と同じように東ティモールも争いで多くの苦しみを負ってきた。真剣に平和を追求していきたい。両地も訪れたい」とおっしゃいました。東ティモールでは、独立に至るまでに多くの市民の命が失われており、その記憶を持つ大使の言葉には、平和への強い思いが感じられました。最後に、「悲しく悪い歴史から目を背けず、過去に学ぶべきであると思っている。一緒に未来のために動いていこう」とのお言葉を頂きました。また、大使は、ICANのバッジも付けてくださいました。これからも、しっかりと知識をつけた上で、若者として積極的にactionを起こしていきたいと思いました。

2週間にわたり展開してきました「大使館応援ツアー2020 ~めざせ核兵器禁止条約発効~」は、これが最後の大使館訪問となりました。受け入れてくださった大使館関係者の皆様、このプロジェクトにご賛同いただき、NGO連絡会のブログやSNSなどに関心を寄せてくださった皆様に心から感謝いたします。

(立教大学 布川仁美)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中