大使館応援ツアー2020レポート:ザンビア大使館(4ヵ国目)

3月18日午前、東京都品川区にある駐日ザンビア共和国大使館を訪問しました。

ザンビアはアフリカ南部の内陸国で、豊かな自然と多数の銅鉱山があり、アフリカで最も平和な国の1つとも称されています。

ザンビアは、核兵器禁止条約の採択時には交渉会議を欠席しましたが、2019年9月26日、国連が定めた「核兵器の全面的廃絶ための国際デー」(9月26日)の日に署名しました。しかし、批准には至っていません。

当日は、ジム・シニェンザ(Jim SINYINZA)公使参事官、スタンリー・ムウォウォ(Stanley MUOWO)一等書記官、パスモア・マドゥーラ・パーシィ(Pasmore Madula PASI)大佐とお話を致しました。

被爆者の児玉三智子さん(日本原水爆被害者団体協議会事務局次長)が、時に涙ぐみながらご自身の経験を語られました。大使館の皆さんは、真剣な眼差しで、頷きながら、時に顔を歪めながら聞いておられました。そして、2017年に条約が採択されてから署名にこぎ着けた2年の間に、ザンビア国内でこの条約や核兵器の非人道性への理解が広まったことに言及。手続きなど時間はかかるが、現在も批准に向けて動いており、本日の来訪や外務大臣宛の手紙も必ず本国に伝え、届けることなどをお話して下さいました。終始あたたかく友好的な雰囲気で、あっという間の1時間が笑顔で終わりました。

自分にとっては遠いアフリカの国でしかなかったザンビアですが、実際にお会いしてお話ができたことで、核なき世界に向けて一緒に協力していく国という実感を持つことができるようになりました。

この取り組みの期間中にうれしいニュースがありました。3月20日にナミビア共和国による核兵器禁止条約の批准です(署名は2017年12月8日)。これにより、条約発効まであと14カ国となりました。

(お茶の水女子大学  内藤百合子)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中