大使館応援ツアー2020レポート:モンゴル大使館(2ヵ国目)

3月16日午後、大使館応援ツアー2020の2カ国目として東京都渋谷区にある駐日モンゴル国大使館を、被爆者の田中熙巳さんと田中稔子さん、大学生、高校生の7名で訪問しました。

モンゴルは、1992年に自国を非核兵器地帯とする宣言を行うなど核兵器廃絶に理解ある国です。核兵器禁止条約の交渉会議では採択に賛成しましたが、まだ署名と批准はしておりません。

今回お会いしたのは、ダンバダルジャー・バッチジャルガル(Dambadarjaa BATJARGAR)大使。広島、長崎を何度も訪問された大使は、一瞬にして多くの人の命を奪う核兵器の恐ろしさについて語って下さいました。

核兵器禁止条約に関しては、「この条約が大切なことはよく理解しているし、賛成である。紙の上だけではなく、国々が責任をもって守れる条約にしていきたいと思っている」と話されました。

「たった一つしかないこの世界を大切にしたい」と日本語で優しく語られる姿から、大使の平和に対する強い意志を感じ、核兵器禁止条約への賛同要請のために訪問した私たちの方が勇気を頂く時間でした。たった一つの魅力的な地球の中で、たった一つの命を大切にしたい、そんな当たり前のことを改めて考えさせられました。

(立教大学 布川仁美)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中