【9/24】「核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える」を実施しました

9月24日、明治大学駿河台キャンパス・リバティホールにて「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント「核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える」を開催しました(当日のプログラムはこちら)。550名の参加をえて、イベントは大成功に終わりました。ご参加、ご協力誠にありがとうございました。以下、当日の様子の写真や各種報道をご紹介します。

スライドショーには JavaScript が必要です。

▼川崎哲・核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員とゲスト・吉永小百合さん(俳優)とのトーク(写真:水本俊也)

スライドショーには JavaScript が必要です。

▼共同ニュースの報道

 

▼イベントの記録
こちら(ピースボートのウェブサイトより)

▼このイベントは広く報道されました

続きを読む

広告

【9/24】核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える

核兵器廃絶日本NGO連絡会は、9月24日(月・祝)に「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベントとして以下の行事を行います。(参加には事前申込が必要です。事前申込は既に締め切りました。)報道目的のメディアの方は別途ご連絡ください(詳細は以下の通りです)。チラシはこちらから。

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」記念イベント
核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える

日時:
2018年9月24日(月・祝)
16:00開場、16:30~19:00
場所:
明治大学駿河台キャンパス リバティホール(リバティタワー1階)
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
「御茶ノ水」駅徒歩3分、「新御茶ノ水」駅徒歩5分、「神保町」駅徒歩5分
主催:
核兵器廃絶日本NGO連絡会
共催:
国連広報センター
協力:
明治大学法学部
ヒバクシャ国際署名連絡会

開催趣旨:
昨年7月7日に国連で核兵器禁止条約が採択され、9月20日に署名開放されて以来、1年がたちました。同条約をめぐり、それに賛成する国と反対する国との間では、依然として立場に大きな隔たりが見えます。また、グテーレス国連事務総長は本年5月、新たな軍縮アジェンダを発表しました。こうした中、日本を始め各国政府や国連には何が求められているのでしょうか。また、唯一の戦争被爆国である日本の市民一人ひとりに何ができるでしょうか。国連が定める「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」(9月26日)を前に考えます。

プログラム:

メッセージ 河野太郎外務大臣(代読、調整中)

第一部 (16:30~)
基調講演
田中熙巳(日本原水爆被害者団体協議会代表委員)
「核兵器廃絶への道筋に光は見えた」

トーク
川崎哲(核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員)とゲスト・吉永小百合(俳優)

 

 

 

 

第二部 (17:35~)
パネルディスカッション
「軍縮教育の可能性-核兵器廃絶と市民社会」
パネリスト
今西靖治 外務省軍備管理軍縮課課長(調整中)
土岐雅子 ミドルベリー国際大学院ジェームズ・マーティン不拡散研究所
工藤恭綺 ナガサキ・ユース代表団第6期生

 

 

 

 

モデレーター
根本かおる 国連広報センター所長

ノーベル平和賞メダルの展示:
核兵器禁止条約の採択に貢献したとして2017年に核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に贈られたノーベル平和賞のメダルと賞状(公式レプリカ)が会場に展示されます。

参加の仕方:
参加無料。事前申込が必要です。

事前申込は締め切りました。

※報道目的のメディアの方は、核兵器廃絶日本NGO連絡会にメールにて(nuclear.abolition.japan [a] gmail.com)氏名、社名、媒体名と電話番号をご連絡ください。

お問合せ先:
核兵器廃絶日本NGO連絡会(nuclear.abolition.japan [a] gmail.com
03-3363-7561(ピースボート、担当:野口)
チラシこちらから。

なお「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」に合わせて、他にも国内各地で関連行事が行われています。詳しくはこちら

 

 

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」に合わせさまざまなイベントが行われます

Sculpture depicting St. George slaying the dragon. The dragon is created from fragments of Soviet SS-20 and United States Pershing nuclear missiles. UN Photo/Milton Grant

9月26日は、国連が定めた「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」です。これに合わせて核兵器廃絶日本NGO連絡会では、9月24日に東京・お茶の水の明治大学で記念イベント「核なき世界に向けて 被爆国の役割を考える」を開催します。このほか、国内のさまざまなNGOが関連行事を行います。ニューヨーク国連本部では、国際デーを記念するイベントと、核兵器禁止条約の署名・批准式がそれぞれ行われます。

▼ニューヨーク国連本部

9月26日(水)
核兵器の全面的廃絶のための国際デー 記念イベント

各国の声明はこちらから

●17:00- 核兵器禁止条約署名・批准式

署名・批准式の結果はこちらから

▼日本国内

9月22日(土)
14:00~ (東京)日本青年館ホテル シンポジウム「核兵器は私たちの大切なものを守るのか?人道とジェンダーの視点から」主催:創価学会平和委員会

報道:創価学会公式サイト 2018.9.27 『核兵器廃絶国際デー』記念シンポジウムを開催

9月24日(月)
16:30~ (東京)明治大学駿河台キャンパス「核なき世界へ向けて 被爆国の役割を考える」主催:核兵器廃絶日本NGO連絡会、共催:国連広報センター、協力:明治大学法学部、ヒバクシャ国際署名連絡会

9月26日(水)
19:00~ (東京)大学生協杉並会館 大学生協九条の会第3回総会・記念講演会 「核兵器禁止条約で変わる世界~「今平和について語り合いましょう」共催:大学生協九条の会/全国大学生協連学生委員会/全国大学生協連事務局労働組合/生協労連大学生協東京地区統一労働組合

9月29日(土)
14:00~ (京都)清水寺(大講堂) シンポジウム「核の脅威削減にむけて:新たな潮流と市民社会の役割」共催:日本パグウォッシュ会議/世界宗教者平和会議日本委員会(WCRP)/明治学院大学国際平和研究所(PRIME)/長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)

報道:佼成新聞 2018.10.4 WCRP/RfP日本委などが開催する連続講座「核の脅威削減に向けて」 清水寺で最終回

▼ピースボート船上

9月26日という「なんでもない」日に核兵器を考える@船内企画(おりづるプロジェクトのブログ)