ノーベル平和賞授賞式のスピーチの日本語訳を読むことができます

25090163458_54a562f5b3_k

2017年12月10日にノルウェーのオスロ市庁舎で開かれた核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式。ここでICANを代表してベアトリス・フィン事務局長と被爆者のサーロー節子さんが共同で行った受賞スピーチ(ノーベル平和賞受賞講演)を行いました。それに先立ち、ノルウェー・ノーベル委員会のベーリット・レイスアンデルセン委員長が授賞の理由と意義に関する演説を行っています。委員長によるこの演説は、ICANの運動や核兵器禁止条約の意義について包括的に語っており、これらに対して散見される批判に対しても応えています。これらのスピーチの日本語訳を、ICANの国際運営団体であるピースボートが公開しており(非公式訳)、こちらから読むことができます。

ノーベル平和賞授賞式のスピーチの日本語訳を読むことができます」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中