【ノーベルウィーク2017⑥】ノーベル平和センターでの記念展示一般公開

12月12日(火)の正午、ノーベル平和賞記念展示のノーベル平和センターでの一般公開が始まりました。時間前から外で開場を待つ人の姿も見られました。

IMG_0229

黄金の回廊を抜け階上に上がると、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル平和賞受賞を記念して、核兵器の問題をテーマにした企画展が行われていました。

IMG_0254.jpeg

広島の原爆投下直後の写真の前で被爆者の田中煕巳さん(日本被団協代表委員)と藤森俊希さん(同事務局次長)がしばし立ち止まり言葉を交わす姿が印象的でした。

IMG_0278.JPG

広島や長崎からの被爆物品も展示され、来場者の関心を集めていました。

20171212_Nobel Peace Center Exhibition_2.JPG

ICANのすべてのパートナー団体の名前が掲げられていました。

IMG_0269.jpeg

これまでのノーベル平和賞の受賞者を紹介するコーナーもあり、そこに新たにICANも加えられました。

20171212_Nobel Peace Center Exhibition_4.JPG

ICANを紹介する電子パネルの前で、田中さんと藤森さんの姿を記念の一枚に収めることができました。

20171212_Nobel Peace Center Exhibition_3.JPG

藤森さんが持参された折り鶴が、窓辺に飾られていました。この折り鶴は、千葉の被爆者の会から託されたものだそうです

IMG_0353.jpeg

展示に関する情報はこちらです。(英語)
https://www.nobelpeacecenter.org/en/exhibitions/peace-prize-laureates/

文責:河合公明(創価学会平和委員会事務局長)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中