【ノーベルウィーク2017③】トーチ(たいまつ)パレード

オスロ現地時間10日(日)午後のノーベル平和賞の授賞式に続き、トーチ(たいまつ)パレードが行われました。17時30分にオスロ中央駅の駅前広場に集まり、受賞者が宿泊するグランド・ホテルをめざしました。パレードの出発に先立ちゲスト達が受賞を祝うスピーチを行いましたが、その中にはノルウェー政府に核兵器禁止条約の署名を求めるスピーチも含まれていました。

20171210_Torch Parade_1.jpeg

気温氷点下のオスロの街を照らすトーチの炎は、サーロー・節子さんが授賞式で述べた「核の恐怖の闇夜を照らそう」のイメージそのもの。なかでも日本から参加した被爆者達のパレードは、最も力強いものでした。

20171210_Torch Parade_2

20171210_Torch Parade_4

パレードがグランド・ホテルに到着すると、それに応えバルコニーからベアトリス・フィンICAN事務局長とサーロー・節子さんが登場し、参加者に手を振りました。ホテルの周囲は、パレード参加者の「Yes ICAN」の声と「We Shall Overcome」の歌声に埋めつくされました。

20171210_Torch Parade_3

文責:小倉康久(明治大学【国際法】)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中