核兵器禁止条約が採択されました

核兵器禁止条約は賛成122、反対1(オランダ)、棄権1(シンガポール)で採択された

核兵器禁止条約の正文(英語) 

核兵器禁止条約の日本語訳日本反核法律家協会による暫定訳)

核兵器禁止条約は、ニューヨーク時間7月7日(金)午前、ニューヨーク国連本部の交渉会議で賛成122、反対1、棄権1で採択されました。採択された条約のテキストはこちら(L.3/rev.1)です。

声明等

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の記者リリース

パグウォッシュ会議の声明

ウィリアム・ペリー米元国防長官の声明

続きを読む

核兵器禁止条約の最終案-明日の採択を前に

最終案を説明するホワイト議長(7月6日)

現地時間7月6日(木)、核兵器禁止条約の最終案が示されました。
こちらの文書L.3に、文書CRP.3を統合したものが、最終案になります。
議長と事務局が今、国連公用語6カ国語への翻訳、翻訳チェックの手続きについて説明しました。明治大学講師の山田寿則さんによる緊急の仮訳(原文の理解を促すために、原文と対比させながら日本語の仮訳を置いたもの)はこちらです。

核兵器禁止条約の第3次案が示されました

6月16日、ヒバクシャ国際署名を受け取るホワイト議長と中満上級代表(写真は国連のウェブサイトより)

現地時間7月3日(月)、核兵器禁止条約の第3次案が議長から示されました。原文はこちらです。明治大学講師の山田寿則さんによる「緊急の仮訳」(原文の理解を促すために、原文と対比させながら日本語仮訳を置いたもの)はこちらです。