再びジュネーブより①:国連作業部会、報告書案改訂版をもとに審議再開

国連「核軍縮」公開作業部会が開かれている建物(裏庭から撮影)

国連「核軍縮」公開作業部会が開かれている建物(裏庭から撮影)

核兵器のない世界のための法的措置を議論する国連作業部会の第3会期が8月5日からスイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれています。

すでにこのブログでもお伝えしている通り(7月30日付投稿「国連作業部会の議長草案、『過半数の国が核兵器禁止条約の2017年交渉開始を求める』」)、作業部会は最終日の8月19日に、国連総会に提出する報告書を採択する予定であり、これに向けて、報告書草案をもとにした公開審議や非公式協議、個別折衝などが行われてきています。この作業部会に16日から荒井摂子さん(ピースデポ)が参加しています。現地報告がこちら(ピースデポ・ウェブサイト内)に掲載されていますのでご覧ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中