フォーラム「北東アジア非核兵器地帯へ」を開催しました

スライドショーには JavaScript が必要です。

去る9月16日(火)、核兵器廃絶日本NGO連絡会は、長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)や明治学院大学国際平和研究所(PRIME)等との共催にて、北東アジア非核兵器地帯へ~安全保障ジレンマを超えて~」と題する市民フォーラムを開催しました。本フォーラムではNGOピースデポの湯浅一郎氏の司会のもと、日本からは梅林宏道氏、韓国からは徐輔赫氏、アメリカからはモートンH.ハルペリン氏からそれぞれ北東アジア非核兵器地帯の現在的意義や、実現可能性 について発言がありました。約60名が集まった会場からは多くの質問が寄せられ、活発な議論の場となりました。9月26日の核兵器廃絶国際デーを記念する行事として行われたものです(フォーラム概要はこちら)。フォーラムの議論の様子はこちらからお読みになれます(文責はNGO連絡会)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中