新刊2冊のご案内「核兵器を禁止する」、「徹底検証・使用済み核燃料」

被爆69年目の8月に出版される2つの新刊をご紹介します。

一つは、川崎哲『核兵器を禁止する』(岩波ブックレット。520円+税)。核兵器禁止条約について入門的に解説したブックレットです。
もう一つは、フランク・フォンヒッペル + 国際核分裂性物質パネル (編) 田窪 雅文 (訳)『徹底検証・使用済み核燃料 再処理か乾式貯蔵か:最終処分への道を世界の経験から探る』(合同出版、2400円+税)です。核拡散につながる使用済み核燃料の再処理にかわる道を考える国際的専門家の提言の日本語版です。

coverban51vLP+sMKKL._SL160_

マーシャル諸島による「核ゼロ裁判」を支援する法律家の声明

日本反核法律家協会が、マーシャル諸島による核保有国の国際司法裁判所(ICJ)への提訴を支持する声明をあげましたので、ご紹介します。なお、この裁判を国際的に支援する市民運動のサイトは「核ゼロ裁判(Nuclear Zero Lawsuit)」のサイトとして、日本語ページもあります。marshall

マーシャル諸島政府の核兵器保有国に対するICJ提訴を支持する声明

2014年7月23日
日本反核法律家協会
会長 佐々木猛也

マーシャル諸島共和国は、4月24日、中国、朝鮮民主主義人民共和国、フランス、インド、イスラエル、パキスタン、ロシア連邦、イギリス、アメリカ合衆国9か国の核兵器保有国を国際司法裁判所に提訴した。

続きを読む

アボリション2000グローバル評議会が日本の憲法9条に関する声明を上げました

abolition_a9

8月6日の広島原爆の日を前に、世界的な核兵器廃絶NGOネットワーク「アボリション2000」のグローバル評議会が、「日本が平和憲法9条を放棄しないこと、そして核兵器廃絶への交渉努力を主導すること」を求める声明を発表しました。

続きを読む