12/8 原爆裁判・下田判決50周年シンポジウム

下記シンポジウムの様子を、NHKが報道しています。リンクはこちら↓
原爆投下 国際法違反判決から50年
NHK 2013年12月8日 21時21分

来る12月8日(日)、原爆裁判・下田判決50周年シンポジウムが東京・お茶の水の明治大学リバティホールにて、日本反核法律家協会の主催により開催されます。チラシはこちら。詳細は以下の通りです。

■□■反核法律家協会 主催■□■
― 原爆裁判・下田判決50周年記念シンポジウム ―

「原爆投下は、国際法に違反する」
12月8日(日)10:00開場/明治大学リバティタワー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―広島・長崎への原爆投下から18年後、今から50年前。東京地裁の生んだ画期的
な判決を、あなたは知っていますか?

「アメリカの原爆投下は、国際法違反」この判断は、その後の反核運動の支えと
なり、国際的にも高い評価を得ています。

今、あらためてこの判決にたちかえり、核兵器のない世界に向け、何ができるの
か、ご一緒に考えてみませんか?―
■第1部 基調講演 「原爆裁判」判決の歴史的意義―国際人道法の発展をふまえ
て―

(10:30~12:30)
松井芳郎(名古屋大学名誉教授)
■第2部 パネルディスカッション
(13:30~16:30)
パネリスト
朝長万左男(日本赤十字社長崎原爆病院長)
山田寿則(国際法学者)

小沢隆一(憲法学者)
田中煕巳(日本被団協事務局長)
川崎哲(ピースボート共同代表)
野口泰(外務省総合政策局軍備管理軍縮課長)

コーディネーター
内藤雅義(弁護士)
田部知江子(弁護士)
■第3部 映画「人間であるために」(107分)

(17:00~)
―戦勝国であるがゆえに、重大な国際法違反が問われない不公正!
▼日時:2013年12月8日(日)午前10時開場
▼会場:明治大学リバティタワー1011教室▼主催:日本反核法律家協会
▼連絡先:大久保賢一法律事務所 TEL:04-2998-2866
FAX:04-2998-2868

なお、この判決については、今年の第5回核兵器廃絶ー地球市民集会ナガサキの
崎アピール2013(4項参照)でも取り上げられました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中