核軍縮政策に関する外務省との意見交換会の様子です

2013年7月1日に外務省内で開催された、核軍縮政策に関する外務省とNGOの意見交換会の様子をおしらせします。(資料や報道へは、「続きを読む」をクリックしてください)

スライドショーには JavaScript が必要です。

日時

2013年7月1日(月)
午後3時30分~4時40分

場所

外務省内 会議室

出席者

外務省

若林健太外務大臣政務官
吉田謙介軍備管理軍縮課長
ほか

NGO側(核兵器廃絶日本NGO連絡会)

大久保賢一(日本反核法律家協会)
柏原登希子(ふぇみん婦人民主クラブ)
金生英道(原水爆禁止日本国民会議)
河合公明(創価学会)
川崎哲(ピースボート)
金マリア(ピースデポ)
瀬戸麻由(ピースボート)
田崎豊子(東京被爆2世の会)
土田弥生(原水爆禁止日本協議会)
内藤雅義(日本反核法律家協会)
藤森俊希(日本原水爆被害者団体協議会)
森瀧春子(核兵器廃絶をめざすヒロシマの会)

NGOからの事前要請書 こちらから

報道

中国新聞 2013.7.2 来年4月広島軍縮外相会合 「被爆者らと対話を」 NGO、外務省に要請

外務省による概要まとめ こちらから

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中