オバマ大統領の「核削減」ベルリン声明への市民・NGOの反応

去る6月19日、オバマ米大統領はベルリンで演説し、戦略核兵器を約1,000発程度にまで削減する交渉をロシアと行っていくなど、核軍縮・不拡散に関する声明を発表しました(声明全文(英文)はこちら。上は動画)。同日、米国防総省は同国の新しい核兵器運用指針を発表しました(こちら(英文))。これらの概要、また、日本国内外のNGO・市民の反応を以下に紹介します。

NGO・市民の反応

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)
核兵器削減でリスクは減らせるだろう。だが禁止条約こそが喫緊の課題だ
英文(原文):Nuclear weapon reductions will reduce risks, but prohibition treaty urgent

アイラ・ヘルファンド、アラン・ロボック
「核兵器に安全な数など無い」CNN Opinion
英文:No such thing as a safe number of nukes

川崎哲
オバマ『核削減』演説を歓迎する。だがペースは遅すぎる。保有国任せでは核兵器は無くせない

日本政府の反応

2013.6.20 岸田外務大臣の談話

広告

オバマ大統領の「核削減」ベルリン声明への市民・NGOの反応」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Global Ethics

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中