NPT会合で、東北アジア非核地帯に関するNGOワークショップが開催されました

2013年4月25日、ジュネーブでのNPT準備委員会会合のサイドイベントとして、「東北アジアにおける平和交渉と非核地帯の展望」と題するワークショップが開催されました。日本のピースデポ、ピースボート、韓国の平和ネットワークと参与連帯が共催し、国際平和ビューロー(IPB)、ノーチラス研究所、世界教会協議会(WCC)、核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)が後援しました。ワークショップには日本、韓国、中国、ロシア、モンゴル、米国の政府関係者も出席し、米国以外は個人の資格で発言しました。

当日の資料はこちら(英文)。ワークショップの様子は以下の写真でご覧になれます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

続きを読む

広告

「核兵器の非人道性」声明に署名しなかった日本政府に対する抗議の声

2013年4月24日に南アフリカが発表した「核の非人道性」に関する共同声明(70カ国以上が賛同。日本語訳はこちら)に日本政府が署名しなかった問題について、国内外から抗議の声が上がっています。

なお、5月3日まで続く核不拡散条約(NPT)準備委員会会合の様子は、長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)のブログ(こちら)にて連日詳しく伝えられています。

4月24日夕方には、ジュネーブの日本政府代表部に対する抗議行動が行われました。20カ国から約100名が参加。一行は、バナーを広げて国連欧州本部を出発し、約30分かけて日本政府代表部まで歩く中で、同じく署名を拒否したカナダやオーストラリアなどの核傘下国の代表部前でも「ブーイング」の声を上げました。(下の写真)

スライドショーには JavaScript が必要です。

日本政府に対しては、以下のような抗議声明が発表されています。

日本被団協 「日本政府は核兵器の廃絶を求める世界の先頭に立て」(共同声明発表前の要請)2013.4.22
日本被団協 「日本政府は核兵器の廃絶を求める世界の先頭に立て」(共同声明発表後の声明)2013.4.25

続きを読む

核の非人道性に関する共同声明に日本は署名を拒否しました

ジュネーブ国連本部で行われているNPT会合で、核の非人道性をかかげ核兵器の不使用を求める共同声明に日本が署名を拒否することが判明しました!ジュネーブでは、抗議行動をします。抗議行動の詳細は、下の記事にあるとおりです。

もし日本が核の非人道性に関する共同声明に署名しなかった場合、ジュネーブでは抗議行動が行われます

【残念ながら日本は署名を拒否しましたので、抗議行動は予定通り行われます。】ジュネーブで開催されているNPT会合で「核兵器の非人道性」に関する共同声明に日本が賛同するのかしないのか、まだ確定的な情報はありません。すでにこの問題は岸田外相(広島選出)のところまで上がっているようです。外相は、日本時間で本日(24日)の午前中に最終決定を迫られるものと思われます。共同声明を南アフリカが発表するのは、ジュネーブ時間で24日午後3時(日本時間で24日夜10時)以降になるだろうと思われます。

ジュネーブでは、日本が署名への賛同を拒否した場合には、以下のような形で抗議行動が行われる予定です。日本人だけではなく、国際的な取り組みになります。日本が署名を拒否したら、それは、被爆国としての道義的な責任を放棄し、非人道性をめぐる国際的な議論の高まりを阻害する行為となるからです。

もう一押し、外務省や岸田外相に対して「核の非人道性の声明には賛同して当然だ」という一報を入れましょう。要請先は以下の通りです。

★要請先 03-3580-3311外務省(代表) >担当:軍備管理軍縮課
 メールでの意見提出>https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

★岸田文雄外相(衆議院議員)メール提出先>http://www.kishida.gr.jp/mail/mailform.html
地元広島の連絡先(後援会)>http://www.kishida.gr.jp/kouenkai.html

====== 抗議行動の概要  ===================================

■日本政府代表部への抗議行動

2013年4月24日(水)
午後6時 国連の建物内、Assembly Hall前のロビー(写真展をやっているとこ
ろ)に集合。

続きを読む

「核の非人道性」声明、日本政府内に署名反対論

01750000493

22日から始まるNPT準備委員会で、昨年来の核兵器の非人道性に関する共同声明が今年も準備されています。
共同通信は22日付の配信記事で、「スイス政府が日本政府に賛同要請をしたが、日本外務省の中には反対論もある」と報じています。下に、その記事を紹介します。
この問題は昨年来、「核兵器の非合法化を求める声明への日本の署名拒否問題」として話題になってきました。核兵器廃絶日本NGO連絡会は、昨年来、同声明への日本の署名を求め、これを拒否する政府の姿勢を質してきました。
今年は、スイスなどの声明起草国は、原案から「非合法化を求める」という表現を落とし、日本のように「核の傘」に頼る国も賛同しやすいようにという工夫をしています。
それでもなお、核兵器使用の非人道性を強調し「いかなる状況下でも核が再び使用されないことが人類の生存に利益となる」とする内容の声明への賛同に外務省内の一部が反対しているというのです。
共同声明は、本日から明日(22~23日)にかけて国々の賛同をえてとりまとめられるものと思われます。
日本がきちんと署名するように、外務省に働きかけましょう。

★要請先 03-3580-3311外務省(代表) >担当:軍備管理軍縮課
 メールでの意見提出>https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

(2013年4月22日、共同通信)
日本に核不使用声明への賛同要請 スイス、外務省に反対論

記事の内容はこちら(各紙の紙面から引用)↓

核不使用声明への賛同要請 
スイスが日本に  外務省に反対論

続きを読む

オスロ会議報告会の様子を紹介します

3月19日に東京で、また4月5日に広島で開かれたオスロ会議の報告会の様子を順次お知らせしていきます。

【資料】

オスロ会議以後の課題(川崎哲)

【報道】

2013.3.20 中国新聞 「核廃絶 世界の動き学ぶ 東京でオスロ会議報告会

2013.4.6 中国新聞 「核軍縮議論の意義強調 広島でオスロ国際会議報告会

続きを読む

朝鮮半島の危機に対して、国際オンライン署名が呼びかけられています

朝鮮半島における核・ミサイルを含む軍事的危機が高まっています。核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)では、「核の惨事を防ぐために、交渉のテーブルへ」「すべての当事国はこれ以上の挑発的な行動をするな」という内容の緊急オンライン国際署名を呼びかけています。Change.orgを通じて集められるこのオンライン署名は、6カ国協議(米国、北朝鮮、韓国、ロシア、中国、日本)の各政府に届けられます。署名は英語ですが、日本語訳は以下の通りです。(韓国語の仮訳も、日本語訳の下につけています。)

署名はこちら:Prevent a nuclear catastrophe: Back to the negotiating table!

日本語訳は以下の通りです。韓国語(仮訳)もその下につけています。

qoJRJojhDCdWkYT-556x313-noPad

Change.orgを通じた署名 (呼びかけ:核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN))
6カ国協議の各国元首宛の要請

核の惨事を防ぐために、交渉のテーブルに戻ってください
すべての当事国に、これ以上の挑発的な行動をしないよう求めます

続きを読む