核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の概要をご紹介します

この記事は2013年1月現在のものです。ICANがノーベル平和賞を受賞した2017年10月現在の概要についてはこちらにまとまっていますので、合わせてご参照下さい。

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のウェブサイトから、ICANの概要について日本語でご紹介します。
English-web

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)について

(原文はこちらから。PDF版(日本語)はこちらから)

hiphop-620x310

キャンペーンの概要

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)は、政府に対して核兵器禁止条約の交渉の開始と支持をはたらきかけ、説得し、圧力をかけるために、すべての国の人々を結集する活動をしている全世界的なキャンペーンの連合体です。私たちは、政府、国際機関、市民社会団体、その他の活動団体に対して次のことを求めます:
1)核兵器のいかなる使用も、破滅的な人道上および環境の危害を生じることを認めること。2)核兵器の禁止は、核兵器を保有しない国にとっても、普遍的、人道的な責務であることを認めること。
3)核保有国は、保有する核兵器を完全に廃絶する義務があることを認めること。
4)核兵器禁止条約の交渉のための多国間協議を支援する行動をいますぐ起こすこと。

ICANには、核兵器の非合法化し廃絶するという歴史的好機を捉えるために、60カ国以上から人道上、環境、人権、平和そして開発に関わる団体が集結しています。
反アパルトヘイトのリーダーであるデズモンド・ツツ大司教、ダライ・ラマ、オノ・ヨーコ、そしてノーベル賞受賞者ジョディ・ウイリアムズなどの著名人がこのキャンペーンへの支持を表明しています。
icannorway-620x310

体制と人々

ICANは、核兵器廃絶の必要性、緊急性、および実現可能性によって立ち上がった広範かつ包括的なキャンペーンで、地球規模の核兵器禁止条約の交渉という明確な目標に向かって市民社会を結集させることに取り組んでいます。ICANの国際的な体制は、パートナー団体、国際運営グループ、そして国際スタッフチームから構成され、国際スタッフチームは、パートナー団体の活動を促進し、国際運営グループによって監督されます。

【国際運営グループ(ISG)】
Tilman Ruff (共同代表) /核戦争防止国際医師会議 メルボルン
Akira Kawasaki 川崎哲 (共同代表) /ピースボート 東京 ※連絡先はこちら
Rebecca Johnson (共同代表) /アクロニム研究所 ロンドン
Ray Acheson /婦人国際平和自由連盟 ニューヨーク
Arielle Denis /ICANジュネーブ事務所スタッフ
Beatrice Fihn /婦人国際平和自由連盟 ジュネーブ
Josefin Lind /核兵器に反対するスウェーデン医師の会 ストックホルム
John Loretz /核戦争防止国際医師会議 ボストン
Robert Mtonga /核戦争防止ザンビア医師会議 ルサカ
Thomas Nash /アーティクル36 ロンドン
Andreas Nidecker /社会的責任のためのスイス医師会議 バーゼル
Susi Snyder /IKVパックス・クリスティ ユトレヒト
Tim Wright /ICANメルボルン事務所スタッフ

icangermany-620x310

パートナー団体

いかなる非政府組織も、ICANのパートナー団体になる資格があり、入会金、年会費は不要ですが、財政的支援やその他関連のご寄付は歓迎いたします。パートナー団体になるには、ICANのパートナーシップ誓約を承認し、パートナーシップ申請書の提出が必要です。(こちらから)

広告

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の概要をご紹介します」への9件のフィードバック

  1. ピンバック: 核の非人道性に関するオスロ会議が3月4~5日に開かれます。ICANは市民社会フォーラムを3月2~3日に開きます | 核兵器廃絶日本NGO連絡会

  2. ICANの活動を支持し、積極的に国連の場などで働きかけている国家や政府を具体的に知りたいです。

  3. icanへのノーベル平和賞受賞を心から喜び感激しています。ヒバクシャ署名を集める意義は地球規模の平和の実現性を保証する力になると思います。

  4. ノーベル平和賞受賞おめでとうございます。世界平和のための非暴力での挑戦に心から敬意を表します。日頃88歳の母と平和について話しています。母も戦争時代、アメリカの戦闘機から機銃速射を受けあと何メートルのところで命を失いかけました。そこで命を落としていれば、私はここにいません。この頃母が言います。どの国も自分のわがままで核を手放さない。日本もアメリカの核を持っているようなもの。いっそ、世界中の核を全部爆発させて地球上を覆わせてみれば!そこで生き残ったのが「ノアの方舟」よ。抱腹して笑いました。でも一理ある。一部の人間のわがままと欲のせいで、世界中の人が核の不安にさらされている。では地球全員が平等にその惨禍にあってみたら?偉い人も貧しい人も。……生き残った人が新しい平和な人類を築き上げるのでは。

  5. この国には、全核保有している敵国が存在し、防衛的には、敵国とは、相互確証破壊の理論上、核は、最低、共有すべきです。核廃絶という平和理論を否定はしませんが、いまある地政学的に、必要な防衛に向き合って下さい。軍事を知らずして、平和をかたるな!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中