ティルマン・ラフさんが来日し、慶應大(三田)、福島大、明治学院大(白金)で講演します

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)の共同代表であり、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の共同代表でもある豪州メルボルン大学のティルマン・ラフさんが近く来日します。
慶應大学(1月9日)、福島大学(1月10日)、明治学院大学(1月12日)で彼の講演を聴く機会がありますので、ご紹介します。(核兵器廃絶NGO連絡会はこれらの主催団体ではありませんが、よい機会ですので、ご紹介します。)
慶應大学(1月9日)と福島大学(1月10日)の会合は、豪州のウラン採掘問
題を中心とするものです。
明治学院大学(1月12日)の会合では、豪州のウラン採掘問題に加えて、ティ
ルマンさんは「核兵器の非人道性に関するオスロ会議」(3月上旬)について話
されます。
彼と一緒に講演して回る松岡智広さんはメルボルン在住の社会的責任投資(SRI)
アナリストで、現地日本人の平和グループ「Japanese for Peace」のメンバーでもあります。豪州のウラン採掘問題に大変詳しい方ですので、お話を聞くのはとても貴重な機会になります。

●詳細 慶應大学(三田)・福島大学 1月9~10日●
http://www.facebook.com/events/471961329511796/
豪日交流基金サー・ニール・カリー奨学金受賞公開講座
「ポスト311期の日豪市民社会?対話と協働の可能性を探る」
共催:オーストラリア学会
後援:福島大学行政政策学類・比較文化講座

【慶應】
2013年1月9日(水)19時~21時
教室:慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階 大会議室
講師: Tilman Ruff氏 (Associate Professor, University of Melbourne/核戦争防止国際医師会議(IPPNW)共同代表)
コメンテータ:松岡智広(投資アナリスト/Japanese for Peace)
【福島】
2013年1月10日(木)14時40分~16時10分
会場:福島大学M講義棟3階AV教室
講師:松岡智広氏(投資アナリスト/Japanese for Peace)
コメンテータ:藍原寛子氏(フリージャーナリスト)

2013年1月10日(木)18時~20時45分
教室:福島大学M講義棟3階AV教室
講師:Tilman Ruff氏
コメンテータ:藍原寛子氏

●詳細 明治学院大学白金校舎 1月12日●
http://www.facebook.com/events/505220882850797/
明治学院大学国際平和研究所公開セミナー「今、核問題を考える:原発のないウ
ラン輸出国オーストラリアから」
明治学院大学国際平和研究所主催
公開セミナー「今、核問題を考える:原発のないウラン輸出国オーストラリアか
ら」
【明治学院大学・白金校舎】
1月12日(土)15:30 ~ 18:00
会場:明治学院大学白金校舎 本館10階 会議場

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中