ICANブックレット「壊滅的な人道的被害」日本語版が出ました。ご注文・ご活用下さい

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が発行したブックレット「壊滅的な人道的被害」(Catastrophic Humanitarian Harm)の日本語版が出ました。広島・長崎の原爆から今日の核兵器まで、核が使用された場合にもたらされる壊滅的な人道上の被害に関する写真とデータ満載のブックレットです。核実験やウラン採掘、原発事故など、核サイクルのすべての段階でもたらされる被害についても言及しています。3月のオスロ会議に向けて「核兵器の非人道性」への関心が高まる中、是非とも多くの皆さんに読んでいただきたい1冊です。PDFは以下からダウンロードできます。ブックレット本体の注文方法とあわせて、「続きを読む」をクリックしてご確認下さい。

Hiroshima2-620x310

続きを読む

核の非人道性に関するオスロ会議が3月4~5日に開かれます。ICANは市民社会フォーラムを3月2~3日に開きます

来る3月4~5日、核兵器の非人道性に関するオスロ会議が開催されます。これにあわせて核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)は、市民社会フォーラムをオスロにて3月2~3日に開催します。これらの会議に関する情報を以下に紹介します。

3月4~5日の政府会議のプログラムが発表されました!
日本語訳はこちら
原文はこちら
ノルウェー外務省のウェブサイトに掲載されている概要はこちら

3月2~3日の市民社会フォーラムのプログラムはこちら
(日本語訳は追って掲載します)

oslo1

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)からの呼びかけ

オスロに向けて (★PDF版はこちら

地球上には今日1万9000発にも及ぶ核兵器が存在します。もしそのうちの一発でも爆発するようなことがあれば、それが故意か偶然かにかかわらず幾千もの命が瞬時に奪われます。それだけではありません。核爆発が起こった場合、負傷者に対して迅速な緊急救援を行うことが非常に困難であることは赤十字国際委員会(ICRC)の報告からも分かっています。核兵器がもたらしうるこのような甚大な被害を考えると、核兵器が今も存在し配備され続けているということがいかに非人道的であるかがわかります。

「核兵器を禁止する条約を作ることは急務であり、可能である」・・・このメッセージを広く世に示すため、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)は2013年3月2~3日の二日間にわたって市民社会フォーラムをオスロで開催します。このフォーラムには世界中から数百名におよぶゲストが集まり、演説やワークショップ、そして議論などが行われる予定です。これらのプログラムを通して核兵器に関する知識を深め、刺激をうけ、そして同時にフォーラムを楽しんでほしいというのが私たちICANの願いです。
続きを読む

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の概要をご紹介します

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のウェブサイトから、ICANの概要について日本語でご紹介します。
English-web

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)について

(原文はこちらから。PDF版(日本語)はこちらから)

hiphop-620x310

キャンペーンの概要

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)は、政府に対して核兵器禁止条約の交渉の開始と支持をはたらきかけ、説得し、圧力をかけるために、すべての国の人々を結集する活動をしている全世界的なキャンペーンの連合体です。私たちは、政府、国際機関、市民社会団体、その他の活動団体に対して次のことを求めます:
1)核兵器のいかなる使用も、破滅的な人道上および環境の危害を生じることを認めること。2)核兵器の禁止は、核兵器を保有しない国にとっても、普遍的、人道的な責務であることを認めること。
3)核保有国は、保有する核兵器を完全に廃絶する義務があることを認めること。
4)核兵器禁止条約の交渉のための多国間協議を支援する行動をいますぐ起こすこと。
続きを読む

ティルマン・ラフさんが来日し、慶應大(三田)、福島大、明治学院大(白金)で講演します

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)の共同代表であり、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の共同代表でもある豪州メルボルン大学のティルマン・ラフさんが近く来日します。
慶應大学(1月9日)、福島大学(1月10日)、明治学院大学(1月12日)で彼の講演を聴く機会がありますので、ご紹介します。(核兵器廃絶NGO連絡会はこれらの主催団体ではありませんが、よい機会ですので、ご紹介します。)
慶應大学(1月9日)と福島大学(1月10日)の会合は、豪州のウラン採掘問
題を中心とするものです。
明治学院大学(1月12日)の会合では、豪州のウラン採掘問題に加えて、ティ
ルマンさんは「核兵器の非人道性に関するオスロ会議」(3月上旬)について話
されます。
続きを読む