シンポジウム「核なき世界」への新局面、盛況でした

2012年10月28日(日)午後、明治学院大学白金キャンパスにて核兵器廃絶NGO連絡会と明治学院大学国際平和研究所(PRIME)の共催による「国連軍縮週間」シンポジウム「『核なき世界』への新局面 -原発、プルトニウム、核兵器」が開催され、約80名が参加しました。
第一部ではプリンストン大学のフランク・フォンヒッペル教授が「日本の使用済み核燃料は国際的関心事である」として、使用済み燃料の乾式貯蔵、プルトニウムの管理と処分、再処理の中止の必要性などについて講演しました。
第二部では、国連総会における核兵器の非人道性に関する声明に日本が参加を拒否した問題や、来年3月にオスロで開かれる核兵器の非人道性に関する国際会議への取り組み、非核兵器地帯に関する新たな動きなどについて、多くの報告と活発な討論が行われました。

【報道】
中国新聞 2012年10月29日
「核なき世界」シンポで探る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中