再びジュネーブより③:国連作業部会、核兵器禁止条約交渉の2017年開始を勧告して閉幕

報告書の勧告部分の修正に賛成する国々。この後、報告書案全体がさらに投票に付された。(8月19日、ジュネーブ・国連欧州本部)

報告書の勧告部分の修正に賛成する国々。この後、報告書案全体がさらに投票に付された。(8月19日、ジュネーブ・国連欧州本部)

国連の核軍縮公開作業部会は8月19日(日本時間20日未明)、核兵器禁止条約交渉のための会議の2017年開催を国連総会に勧告することを盛り込んだ最終報告書を、賛成多数で採択して閉幕しました。

全会一致採択が目指されていましたが、土壇場で豪州が投票を求め、「禁止条約交渉会議の2017年開催の勧告があり、それが幅広い支持を得たことを認識した」との最終案が「禁止条約交渉会議の2017年開催を、幅広い支持を得て勧告した」と口頭で修正されて採択されました。禁止条約は時期尚早だと反対し続けた日本は、投票では棄権に回りました。

最終日の様子についての報告はこちらをご覧ください。(文責:荒井摂子@ピースデポ)

再びジュネーブより①:国連作業部会、報告書案改訂版をもとに審議再開

国連「核軍縮」公開作業部会が開かれている建物(裏庭から撮影)

国連「核軍縮」公開作業部会が開かれている建物(裏庭から撮影)

核兵器のない世界のための法的措置を議論する国連作業部会の第3会期が8月5日からスイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれています。

すでにこのブログでもお伝えしている通り(7月30日付投稿「国連作業部会の議長草案、『過半数の国が核兵器禁止条約の2017年交渉開始を求める』」)、作業部会は最終日の8月19日に、国連総会に提出する報告書を採択する予定であり、これに向けて、報告書草案をもとにした公開審議や非公式協議、個別折衝などが行われてきています。この作業部会に16日から荒井摂子さん(ピースデポ)が参加しています。現地報告がこちら(ピースデポ・ウェブサイト内)に掲載されていますのでご覧ください。

オバマ大統領、核の先制不使用を検討?日本は賛同すべき!

obama

米国のオバマ政権が核兵器の先制不使用を宣言することを検討していると報じられています。核兵器を最初に使うことはしないと宣言する。核兵器の役割を、核兵器に対する反撃にだけ限定する。これだけでは、核兵器を廃絶できないことはいうまでもありません。-それでも米国がこのような政策を宣言すれば、核軍縮に大きく貢献するし、他の核保有国に対しても質的な軍縮を促すことにつながります。オバマ大統領が任期を終える前にそのような宣言をすれば、それは世界の核軍縮に対して重要な一歩となるでしょう。それにもかかわらず、このような政策を米国がとることに日本政府は反対しているとみられています。日本の安全を保つための「核の傘」が弱まってしまうというのです。核兵器廃絶日本NGO連絡会は日本政府に対して、核兵器の先制不使用を支持する政策に転じるよう求めてきました。この問題に関する最近の動きや資料を紹介します(ウェブサイト「核情報」における網羅的な解説と資料はこちら)。

続きを読む

「国連平和ポスター」パネル展を展開します

スライドショーには JavaScript が必要です。

dpc-logo

核兵器廃絶日本NGO連絡会では、国連広報センターとの協力の下、この8月から「国連平和ポスター」のパネル展を各地で展開していきます。

1946年の国連総会の第1号決議は、核兵器の廃絶に関するものでした。それから70周年を記念して、国連では「平和ポスター・コンテスト」が行われ、123カ国から4,100点をこす作品がエントリーし、受賞作品3点と入賞作品9点が決まりました。日本からエントリーした中里久美さん(奈良県)の作品『Must Be Zero(ゼロでなければならない)』も入選しています。

このたび受賞・入賞作品12点をパネル展となりました。核兵器廃絶日本NGO連絡会では、国連広報センターと協力して、このパネル展をさまざまな場面で展開していきます。当面、この8月には、以下の場所で展開します。(国連平和ポスター展のウェブサイトはこちら

 

続きを読む

国連作業部会の議長草案、「過半数の国が核兵器禁止条約の2017年交渉開始を求める」

作業部会のタニ議長(タイ、左)とICANのベアトリス・フィン事務局長

作業部会のタニ議長(タイ、左)とICANのベアトリス・フィン事務局長

核兵器のない世界のための法的措置を議論する国連作業部会のタニ議長は、7月28日、最終報告書の草案(ゼロ・ドラフト)を発表しました。草案は、「過半数の国は、核兵器をその完全廃絶に向けて禁止する法的拘束力ある文書を交渉する、すべての国と国際機関、市民社会に開かれた会議を国連総会の下で2017年に開催することを支持している」(第59節)と明記しています。今後ジュネーブでこの草案に対する各国の意見表明が行われ、交渉の後に8月19日に最終文書が採択されることになります。

続きを読む

オバマ大統領の広島訪問にあたり、市民のシンポジウムを行いました

5月27日夕、核兵器廃絶日本NGO連絡会は、核兵器廃絶をめざすヒロシマの会との共催で、オバマ大統領の広島訪問に合わせた市民シンポジウムを広島県立総合体育館で開催しました。シンポジウムは、ちょうどオバマ大統領が原爆慰霊碑に献花し、その前で演説をするときと時間が重なりましたので、会場でその様子をスクリーンに映し、それをふまえて議論を進めました。シンポジウムの様子を以下の通り写真でお伝えします。また、その下には動画でもみることができます。なお、このシンポジウムの様子は、中国新聞や朝日新聞で報道されました(5月28日付)。また、日本ジャーナリスト会議広島支部による『広島ジャーナリスト』No.25(2016年夏季号)にこのシンポジウムの様子がまとめられています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

日米首脳に「核なき世界へ 言葉だけでなく真の行動をとることを求める」要請書を送付しました

スライドショーには JavaScript が必要です。

5月24日、核兵器廃絶日本NGO・市民連絡会の5人の共同世話人は、連名により、バラク・オバマ米大統領と安倍晋三日本国総理に対して「核兵器のない世界を実現するために 言葉だけでなく、真の行動をとることを求めます」とする要請書を送付しました。同日午後、同連絡会はNGO共同記者会見を参議院議員会館で開催し、8団体の代表者らが日米両国にとっての核兵器廃絶のための課題について語りました。

要請書はこちら(日本語版English
続きを読む

【5/24東京】オバマ大統領広島訪問に向けたNGO共同記者会見

hiroshima-photo-620x310

核兵器廃絶日本NGO連絡会は、オバマ大統領の広島訪問を前に、以下の通り共同記者下会見を行います。

この記者会見では、オバマ大統領の広島訪問に関連して、「核兵器のない世界」の実現に向けた米国政府や日本政府の課題について、日本のNGO・市民社会の視点から問題提起をします。

オバマ大統領広島訪問に向けたNGO共同記者会見

日時
2016年5月24日(火)14:00~

場所
参議院議員会館 地下1階 B101会議室
(13:45~、1階ロビーにて入館証を配布します)
続きを読む

【5/27 広島】オバマ大統領の来広の意味を問う 市民シンポジウム

DSC_7018

オバマ大統領の広島訪問に合わせて、5月27日(金)夕、以下の通り市民シンポジウムを開催します。終了後は同所にて記者会見を開催します。どうぞふるってご参加ください。
チラシのPDF版はこちら。英語での案内はこちら(English here)。

核兵器廃絶への一歩となるか否か
オバマ大統領の来広の意味を問う
市民シンポジウム

2016年5月27日(金)18:00~20:00
広島県立総合体育館 中会議室
広島市中区基町4−1
資料代:500円(学生無料)

<パネリスト>
佐々木猛也 日本反核法律家協会会長
朝長万左男 核兵器廃絶地球市民長崎集会実行委委員長/長崎原爆病院名誉院長
藤森俊希  日本原水爆被害者団体協議会事務局次長
川崎 哲  ピースボート共同代表/ICAN国際運営委員
村上正晃   平和公園ボランティアガイド
森瀧 春子  核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表/世界核被害者フォーラム事務局長
<コーディネーター>
沢田 正  核兵器廃絶をめざすヒロシマの会運営委員/世界核被害者フォーラム事務局次長
続きを読む